中距離不倫13年目です 彼を愛してるから わたしのものにできません だから「自分だけの男」も探してます 欲張りな女です

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二度目
最初のHは 緊張しちゃって なかなか楽しめなかったりする。
その点 二度目は 多少緊張も溶けて 恥じらいもありつつ いい感じ。
また 逢ってきました。こないだの52歳と・・・
以前から 誘われてたんだけど 自宅に行ったの。
ごく普通のマンション でも きちんときれいに 暮らしてた。
セックスは やっぱり かなりいい・・・。
感じるところが わかってる というか 上手いというか。
わたしは 年のせいか?最近ぬれにくくなってきて
強くさわられると 痛かったりするんだけど
激しすぎず かといって おそるおそるでもなく
なんか・・・ちょうどいい 感じなんだよね~
ダーリンには あれこれと指図しまくりのわたしだけど
さすがに 二度目の相手に あれこれ注文つけるのも・・・ってところだけど

言わなくても ちょうどいいタッチって 久しぶり 
どうしよう・・・はまりそう・・・
恋愛感情は さほどでもないのに セックスで 離れられなくなったら・・・
困っちゃうよね・・・

早く史郎に逢いたい。
どっちのHがいいかしら?
気持ちが好きなのは 史郎なんだけど
体は 向こうに 傾きそうで 不安になってくる。
スポンサーサイト

再開
かなり放置してましたが そろそろ再開してみようと思います。

体調は 順調に 快復しました。
ダーリンとも やっぱり続いてます。
今年になってからは 1~2ヶ月に一度 くらいのペースで逢ってます。
電話は かなり頻繁に かかってきます。
auのおうち電話ってサービスで 彼の家からは わたしの携帯にタダで電話できるので
家から かかってきます。
彼の奥さんは どう思ってるのかな~なんて考えたりもするけど

一年半くらいの間に 彼以外とは 何人としたっけ・・・?
あまり覚えてないなぁ・・・
でも 実は 昨夜も やっちゃいました。
彼より 年上の 52歳と 50代とは 初めてしたわ~
見た目も 若かったけど 下半身も すごく元気で
50代でも あんなにできるのねぇ~ なんてしみじみ感心しちゃった。

わたしの おっぱい 20代の子より ハリがある って
アソコも 娘さんみたいで(こーゆうたとえは やっぱりオジンくさい) きれいで よく絞まるって

本当かなぁ まあお世辞でも 悪い気は しないよね。
最近 史郎は ちっともほめてなんかくれないし。

来月にならないと 時間が 作れない って言うから 浮気しちゃったよ
でもね 史郎と 背格好が 似てたの。
しがみつきながら 思わず「史郎」って呼びそうになって あせったわ~

ほかの男としちゃったけど あんまり罪悪感はないんだ。
だって 半分くらい 史郎としてた感じだったもん。
ほかの男の体を使って 史郎のこと思いながら オナニーしたようなもんだから。

Hの内容は またくわしく思い出しながら 書きます。

姫はじめ3
よく何回イッたか?なんて言うけど よく数えてるよなぁ と思う
最初何度か軽くイッたら あとはもう回数なんか 数えてらんない
わたしが何度もイッてから 最後はいつも 一緒にフイニッシュ
わたしは バックが好きなんだけど 史郎は正常位がお好み
抱き合って ガンガンついてくるの
わたしは史郎の足に足をからめる 背中に手もまわす
お互い名前を呼びながら キスしながら一緒にイク
たまーに同時にイケないときもあるけど
今日はナマだったから?わたしもガマンできなかった
いっぱいわたしの中に 噴出して
終わったあとも しばらくつながってる
ゴムつけてると もれちゃうのが気になって すぐ抜いちゃうけど
ちっちゃくなって 自然に抜けちゃうまで 抱き合ってる
それができるから ナマでするのが好きなんだよね
時間が経って あとから出てくるのも 好き
3時間は あっという間に過ぎた
また しばらく逢えないね



姫はじめ 2
一度つながって 少し安心したところで
一緒に お風呂
歯磨きながら 近況報告しあう
湯船の中で いちゃいちゃするのが楽しい
大の字に浮かんだ史郎の腰の下にひざを入れて
水面から出しておちんちんをなめる
明るい浴室で なめてるわたしの顔も見て
次は わたしの番
湯船に腰掛けて 足を大きく開いて
自分で拡げて なめてもらうの
ヘアがじゃまで なめにくいかな
って 少しカットしてるんだけどね
「もう 許して」って言うまで なめてくれる
夏ならいいけど 冬だもん はやくベッドに行きたいわ
でも 以前は 明るいところが 恥ずかしかったのに
いつから 平気になったのかな
すべてさらけ出しても わたしのどんな欲望も
受け入れて 充たしてくれるから
だから 好きなの 離れられないの

続きは またね

姫はじめ 
メールの返事か来ない って心配してたら
仕事が 忙しすぎて 気が付かなかった だって
「心配したんだからねぇ」って言ったのが効いたのか
昨日 急にお誘いがワクワク ((o(⌒∇⌒ o)(o ⌒∇⌒)o))ワクワク
100キロほど離れてるわたしたち
それでも 飛んで逢いに行く
7:3くらいの中間地点で 落ち合って
いつものホテルへ
「いつが最後だったっけ?」
「さあ?」だって
「もうすぐだから 中で 一緒にいこうね」
そう言うと 「久しぶりだな」って喜んでくれた
「正月 すごーくしたかったんだから」
「そっかぁ 悪かったなぁ」
って いつもより多めに ゆっくりなめてくれた
わたしも ひさしぶりに味わう 史郎のおちんちんに
しゃぶりついて 離したくない気分
シックスナインの体勢で どのくらいなめあってただろう
いつも わたしのほうが ガマンできなくなる
上になってたまま 足のほうまで下がっていってまず 一度入れちゃう

あー 思い出しちゃう
続きは また にしちゃいます
Copyright © 少し愛して なが~く愛して. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。